SHIMABUN 株式会社シマブンコーポレーション

企業情報

コーポレートガバナンス

内部統制宣誓

当社は、会社法第362条第4項6号の定めに従い、当社の取締役および従業員の職務執行が法令および定款に適合することを確保するための体制、ならびに当社の業務の適正を確保するために必要な体制の整備を以下のように行います。

  1. 1.取締役・従業員の職務の執行が法令および定款に適合する事を確保するための体制

    当社は法令遵守のため「コンプライアンス委員会」を設置し、取締役および従業員の職務執行における法令遵守の体制を整備します。
    取締役は、公正かつ適切な経営の実現のため、倫理規範・行動基準を設定し自ら率先垂範の上、法令遵守を企業活動の前提とすることを徹底します。
    当社は「内部監査室」を設置して、従業員の職務執行を監査し、定期的に取締役会に報告します。
    当社は内部通報システムを導入し業務遂行上のリスクの早期発見に努めます。

  2. 2.財務報告の適正確保のための体制整備

    当社は外部の監査法人による会計監査を導入し、財務報告の適正を確保するとともに、情報の開示を行っていきます。

  3. 3.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

    取締役の職務の執行に係る情報は、取締役会規則に則り、文書又は電磁記録により保存管理します。

  4. 4.損失の危機の管理に関する規定その他の体制

    当社は「危機管理規定」に基づき、危機の予防と危機発生時のダメージを各部門にて抽出し予防および応急処置の手順を整え、経営危機に対応します。

  5. 5.取締役の職務の執行が効率的に行われる事を確保するための体制

    当社は社外取締役を選任し、経営体制の透明性・公正性を確保します。
    当社は取締役会付議事項を明確に定め、定例および臨時の取締役会において重要事項の意思決定を図ります。

  6. 6.親会社および子会社からなる企業グループにおける業務の適正を確保するための体制

    当社は各関係会社毎に管掌もしくは兼務取締役を選任し、企業グループにおける業務の適正を維持します。

  7. 7.監査役の職務の独立性を確保し、各種報告を行うための体制

    当社は外部監査役を招き、監査役事務局を設置し、独立性を確保した監査活動を行います。

平成21年7月21日
株式会社シマブンコ-ポレーション
代表取締役社長 木 谷 謙 介